漢方で妊活!

漢方で妊活を続けていたけれど、不妊治療の病院に通い始めた35歳のブログ→子宮筋腫の手術後、不妊治療再開→妊娠しました!

*

HCGと卵巣の腫れ。そして病院での治療中断へ。

      2016/05/29

昨年の6月から10月まで、近所の産婦人科でタイミングをみていただきました。
子宮内膜の厚さや頸管粘液の状態は毎回良かったのですが…

HCGを打ったら卵巣が腫れた

排卵日付近に毎回卵胞チェックしていただいていましたが、毎回20mmを超えているのに排卵していませんでした。
先生はやはりHCGで割ってしまった方が良いということで、毎回HCGで排卵させていました。

でも、高温期が8日程度しか続かなかったり、途中で体温が下がってしまったりするので、デュファストンを服用するようになりました。

それでも改善されなかったので、今度は排卵以降も、2~3日に一度HCGを注射するようになりました。
排卵させる時のHCGは10000単位で、高温期中のHCGは5000単位です。

HCGを打つだけの日は診察もなく、注射を打つだけなので待ち時間がほとんどなく、お会計も数百円でした。
でも次第に下腹部がチクチクしたり腫れたりしているような感じがしてきたので、受付でそのことを伝えると診察していただけることに。

エコーでみてみると、やはり卵巣が腫れていました><

高温期中にHCG、というのを2周期行いましたが、どうしても途中で卵巣が腫れてしまい続けることができませんでした。
次第に体温もガタガタになってきて、自分にはホルモン剤はやっぱり合わないのではないかと思い始めました。

 

当帰芍薬散

ついに漢方薬が登場しました…と言っても、これは産婦人科で出していただいたものです。
「漢方ためしてみる?これが効く人もいるから」ということで出していただいた当帰芍薬散

たまたま飲み始めた次の日に風邪をひいてしまったのですが、それにしては体がだるい。
風邪の症状かと思っていましたが、風邪がおさまっても体がだるく、さらには一時体温は34.9℃に!

当帰芍薬散は関係ないような気もしますが、飲み始めてから体調が悪いと先生に伝えると、「やめなやめな!」ということで、すぐにやめてしまいました^^;
先生も「漢方はよくわからない」という感じでした。

高温期のプロゲステロンは?

一度、近所の産婦人科でも高温期の血液検査をしていただいたことがあります。
その時のプロゲステロンの数値は6.6。
やはり低い…と思うのですが、先生は大丈夫とおっしゃっていました。

結局LUFはなんだったのか

産婦人科で計5回卵胞チェックしていただきましたが、一度もLUF(黄体化未破裂卵胞)になることはありませんでした。
その点はすごく安心しましたが…結局あのLUFはなんだったのでしょう。

LUFについてはこちら→不妊治療専門クリニックはやめます!LUFと、先生への不信感。
やはりブセレキュアの影響だったように思います。

ただ、排卵後に水がたまってしまうことは、何回かありました。
これが妊娠にとって問題ないのかどうか…いまだによくわかりません。

 

今だから思うこと

高温期に必要なホルモンがしっかりと出て、高温期をキープできることが大事なんだ!と思っていましたが、漢方薬局に通うようになってから知ったのは、ホルモンというのは卵の殻から出るものなのですね。

低温期に良質な卵胞が育てば、自然と高温期も整ってくるそうです。
産婦人科では高温期にしかホルモン(HCGやデュファストン)を使っていませんでしたが、むしろクロミッドのように卵を育てる方の薬を使ってみても良かったかもしれません。

不妊治療専門クリニックで、セロフェン(クロミッドのジェネリック)を使った周期にLUFになってしまったので、なんとなく恐くて、産婦人科の先生に「使ってみる?どうしたい?」と聞かれた時に断ってしまっていました。。。

ホルモン治療は一旦お休みします

ブセレキュアといいHCGといい、ホルモン剤を使うことによって自分の体がどんどんおかしくなっていっているように感じました。
ホルモン剤が悪いというよりは、体質的に合わないのか、それともホルモン剤でなんとかなるレベルではないのか…><

次第に、ホルモン剤での治療はやめて、何か他の方法を試してみようと考え始めました。
検討したのは、

  • ジム:運動不足や基礎体力のなさが原因かもしれないと思い…
  • 鍼灸:私の住む町に、不妊の鍼灸治療で実績のあるサロンがあると知り…
  • 漢方:友人が試した中では一番効果がありそうと言っていたので…

この3つの中から、一番効果がありそうな、漢方を始めることにしました。

次回、やっと漢方についての話が始まります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

 - 病院での不妊治療 , , ,

         

PC用336px

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

注射器
初めての不妊治療専門クリニック。最初はどんな検査をするの?

2014年4月。 夫と二人で、初めて不妊治療専門クリニックを訪れました。 まずは …

たまご
人工授精受けてきました。あと何回受けよう?

先日、子宮筋腫の手術後初めての人工授精(AIH)を受けてきました。 人工授精は手 …

ピンク
[不妊治療]子宮鏡検査受けました。痛みは?そして、検査でわかった子宮の異常。

先日、子宮鏡検査を受けてきました!! 子宮鏡検査とは、胃カメラのように細いカメラ …

曇り空
「排卵後に水がたまっている」と、何か問題があるのか?

前回の診察で卵管造影検査を受けたあと、排卵誘発のためにブセレキュア(スプレキュア …

白い花
不妊治療専門クリニックでの治療に対して疑問に思っていたこと

これまでの不妊治療についての記事はこちら 初めての不妊治療専門クリニック。最初は …

診察
卵管造影検査&子宮鏡検査を受けてきました。ん?そんなに痛くない?

子宮筋腫の手術後、最初の周期は見事撃沈… そして2周期目のD9に、恐怖の「子宮卵 …

注射器
不妊治療で子宮筋腫が増えた!

不妊治療専門クリニックでLUF(黄体化未破裂卵胞)と診断されてから、1か月後とち …

手術
卵管造影検査は本当に痛いのか?とにかく不安でした。

今日は卵管造影検査を受けた時のお話です。 目次1 卵管造影検査とは2 卵管造影検 …

試験管
初めての人工授精の結果

これまでずっとタイミング法では妊娠できず、不妊治療で有名な病院でみていただいたと …

卵
[不妊治療]血液検査の結果(その2)AMHの結果と、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

不妊治療専門クリニックでの、大量の血液検査の結果「その2」です。 その1はこちら …