漢方で妊活!

漢方で妊活を続けていたけれど、不妊治療の病院に通い始めた35歳のブログ→子宮筋腫の手術後、不妊治療再開→妊娠しました!

*

[子宮筋腫の手術]入院1日目(手術前日)のレポート

      2016/07/10

(現在は既に退院しています)

改めて手術の目的と内容を先に記述しておきます。

手術の目的は、不妊治療のための子宮筋腫の摘出。
以前から筋腫の存在は指摘されていましたが、妊娠には影響ないと言われていました。
一番大きな筋腫は「漿膜化筋腫」と言って、子宮の外側にできたものでした。

子宮の中にも筋腫はあるけれど、それほど大きくないし、子宮内に他にも妊娠できる場所はあるので問題ないとのことでした。

しかしその後色々な病院を転々とし、ついに「粘膜下筋腫」という厄介な筋腫があることがわかり、その筋腫に引っ張られて子宮が変形し、そのために妊娠しづらくなっているという指摘を受けました。

手術方法は、腹腔鏡です。
お腹に3つの穴+おへそをあけて器具を入れて筋腫を摘出する方法で、手術前日に入院し、全部で4日間で退院できるというものです。

最初に漢方での治療を試みたこと・有名な先生に手術をお願いしたためもあり、子宮筋腫を摘出した方が良いかもと最初に言われてから、実際に手術を受けられるまで10ヶ月近くかかりました。

 

入院手続きの話し

いよいよ入院日がやってきました!
入院日は先生からの手術の説明や同意書の記入があるので、夫が休みを取ってくれています。
夫の運転する車で病院に行きましたが、その車内が緊張MAXでしたね^^;

病院に到着し、入院受付コーナーで書類を提出します。
高額療養費の限度額申請書も事前に申請していたので、それも提出。
これがないと、一旦高額療養費限度額以上の分も自分で払わないといけませんが、これがあれば限度額までの金額を払うだけで済みます。

入院手続きが終わるといよいよ病棟へ。
そこで看護師さんから「個室が空いていますが、個室にされますか?」と!!
このタイミングで決めるのですね~^^;

以前の入院説明の時にその話がなかったので、てっきり何も言わなければ大部屋になるのかと思っていました。

入院が初めてなのでどっちが良いかわからなくて…と言うと、大部屋は4人部屋で、皆さんこんな風にカーテン閉めてますね~と。
チラっと部屋を見せていただきました。
(元々ドア開いてたんですが)

個室は何部屋か空いていて、今ちょうど広い個室が空いているとのこと。
それにトイレやシャワーもついているし、大部屋だったらお見舞いの方は談話室で面会しないといけないけど、個室だったら部屋で大丈夫だし、通話も病室でできる。
決められた面会時間より早く来ても大丈夫だし、テレビもイヤホン無しで良いですよと言われ…

婦人科病棟だから夫に来てもらうのに大部屋だったら来づらいだろうし、手術後の付き添いの時もずっとそばにいてもらうこともできないしなぁ…ということで、たった4日間の入院なので、結局個室を選択しました^^;

自己負担で1日7000円。
私は保険に入ってないので、贅沢するのもなぁ…と思ったのですが、4日で28000円。
これが2週間の入院だったら10万くらいになってしまうので大部屋を選択したと思いますが^^;;;

個室に案内されると、広くてホテルみたいでびっくりでした!
なんて贅沢してしまったんだ…と 笑。

でも後々しみじみと「個室にして良かった~」と思いました。

先生から手術の説明と同意書

入院してすぐに、先生から手術の説明がありました。

病状と、手術の方法。
こんな薬を使いますよ~という説明と同意書。

一番気になったのは「モルセレーター」という機械を使うことに対する同意です。

モルセレーターとは子宮筋腫を摘出する時に、筋腫を細かく切り刻んで取り出しやすくする機械です。

これが怖いのは、もしも悪性の腫瘍だった場合に、体内にガンをまき散らしてしまう可能性があるということ…

事前にMRIで悪性でないかどうか診断しているものの、実際に病理に出して検査しているわけではないので、確定診断ではないのですね。

画像診断では良性だろうということで、今さら「モルセレーターは嫌だ」と言ったらどうなるかわからなかったですし、子宮筋腫の手術で経験豊富な有名な先生だということで信頼してお任せすることにしましたが、結局は運次第ってことですよね。

手術が終わった今も、良性だったのか悪性だったのかはわかっていません。
次の外来の時にわかるのかな?
もし悪性だったら…生命予後が悪くなるということで、非常に心配です。。。

 

入院生活の説明

先生のお話のあとは、看護師さんから入院生活の説明がありました。
と言っても個室だし、かなり自由な感じでした。

もちろん消灯時間はありますし、消灯時間以降のテレビはNGとかありますが、シャワーの予約もしなくて良いし、気楽で良いですね~^^

現在の体調を聞かれましたが、腹痛など何もなく。
子宮筋腫で手術をする患者さんというと、普通は非常に体調が悪い場合が多いのでしょうかね。
看護師さんは訝しげな表情でした 笑。

初めての入院食

さて、手術前日は21時以降絶食なのですが、昼と夜は食事がでます。
どちらも大腸内視鏡検査前用の食事のようで、昼は雑炊と肉じゃがでした。
300kcalほどしかなく、すぐにお腹が空きます^^;

手術の時は胃の中を空っぽにしておかないといけないので、お菓子を食べることもできず…
家にいると、ちょっとお腹が空くとつい何かつまんでしまいますが、久々に空腹に耐える日々が始まりました。

入院初日は意外と忙しい

入院しても、ひっきりなしに誰か訪ねてきたり、呼ばれたり、なかなか忙しかったです。

手術室の看護師さんが説明にやってきたり、麻酔科医の診察があったり。

実は入院の数日前から風邪気味で、入院当日も喉の痛みが><
これについては不安があったので、病棟の看護師さんと麻酔科の先生に相談しましたが、風邪の症状があると、手術後に悪化することがあるそうです。

というのも、全身麻酔で呼吸の管を通すので、ただでさえ喉が痛くなりやすいところ、元々喉が炎症を起こしていると、その症状が強くなりやすいとのこと。

ただ、その時点では熱や咳の症状は無く、軽い喉の痛みだけだったので、予定通り手術は行われることになりました。

熱がある場合は手術を延期する場合があるということで、危なかった><

あと心配だったのは、呼吸の管が苦しくないかということですね。
麻酔が効いたら「気管挿管」というものをして、呼吸の管を通します。
その時は既に意識がないから大丈夫だと思うのですが、手術が終わって呼吸の管を外す時は、意識が戻ってから。
その時に苦しいんじゃないかと不安に思っていました。

しかし、呼吸の管を外す時にはまだ意識がかなり朦朧としている状態で、呼吸の管が外れたことも覚えていない人が多い。
苦しかったという人はまずいないという話を聞いて、ひとまず安心しました^^

あともう一つ心配なのは、全身麻酔をすると吐き気が出ることがあるそうです。
特に若い人・女性・乗り物酔いしやすい人は吐き気が出やすいとか…

私は乗り物酔いしやすいので、かなり不安です。。。

そのことを伝えると、吐き気が出にくい麻酔もあるので、なるべくそれを使うようにしますとのことでした^^

麻酔科の診察のあとは、薬剤師さんや栄養士さんが病室にやってきました。
手術翌日から飲む鎮痛剤をもう渡されて、色んな人から色んな説明があるので、訳が分からなくなってきます 笑。

入院生活で足りないもの

個室に入院して、「あれも持ってくれば良かったな~」というものを、夫に持ってきてもらいました。

一つはドライヤー。
共同のシャワー室には置いてあったのですが、そっちまで使いに行くのも面倒だし、延長コートと一緒に持ってきてもらいました。

あとは時計。
スマホがあるから時計はいらないかなーと思ってましたが、やっぱり時計は時計であった方が便利ですね。
スマホは貴重品ボックスにしまったりしますし。

夕方夫がもう一度来てくれたら、なんだか急に心細くなってきました;_;
夫は朝病院につくまでは「大丈夫だよ~」なんて励ましてくれていましたが、一緒に先生の説明を聞いたら結構大変そうということがわかり、私以上に不安そうな表情でした。

いよいよ明日は手術。

ところで、入院してすぐに体温を計った時は平熱だったのですが、夜にもう一度図ると37℃以上に!
その後何度か計るものの、37℃近辺をうろうろ…
明日には下がっていることを祈るしかありません><

18時頃、手術前最後の食事を済ませました。
また雑炊と、シチュー。
20時頃には既に空腹^^;
次にご飯を食べられるのは2日後です。

個室のシャワーに入って、消灯時間の5分前には自主的に消灯して眠りにつきました。
手術前で緊張して眠れない…ということはなく、ぐっすりでした^^;

続きはこちら:[子宮筋腫の手術]手術当日のレポート ~手術までの流れと術後の痛みについて~

関連記事:
[子宮筋腫の手術]入院前日の不安

入院時・退院後にあって良かったもの・必要なかったもの

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

 - 子宮筋腫の手術

         

PC用336px

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

医療費
高額療養費の「限度額適用認定証」を発行して、家計の負担を抑える方法

入院・手術を受ける時は、医療費が高額になります。 しかし、健康保険に入っている場 …

入院
入院時・退院後にあって良かったもの・必要なかったもの

子宮筋腫の手術を受けました。 腹腔鏡手術なので、開腹手術と比べると体へのダメージ …

入院
[子宮筋腫の手術]手術翌日のレポート ~個室にして良かった点~

(現在は既に退院しています) 子宮筋腫の腹腔鏡手術を受けた翌日のレポートです。 …

悩み
[子宮筋腫の手術]手術3日後(退院翌日)のレポートと、急にこみあげてくる不安

子宮筋腫の腹腔鏡手術を受けた3日後(退院翌日)のレポートです。 関連記事: [子 …

MRI
子宮筋腫手術の術前検査、内容と費用は?

子宮筋腫の手術日(腹腔鏡です)がだんだん近づいてきました。 入院して全身麻酔で手 …

悩み
[子宮筋腫の手術]術後一週間の体調と、止まらない出血。

子宮筋腫の腹腔鏡手術を受けた一週間後の体調などについてです。 目次1 術後1週間 …

悩み
[子宮筋腫の手術]入院前日の不安

無事、子宮筋腫の腹腔鏡手術が終わり、退院しました! 入院前日から手術後について、 …

病院
子宮筋腫手術後の体調不良まとめと、最初の外来診察。そして今後の不妊治療。

結構前の話しになってしまいましたが… 子宮筋腫の腹腔鏡手術のため入院し、退院から …

入院
[子宮筋腫の手術]手術当日のレポート ~手術までの流れと術後の痛みについて~

(現在は既に退院しています) 目次1 手術日の朝~手術室へ移動まで2 手術室へ移 …

高速道路
[子宮筋腫の手術]手術2日後(退院日)のレポート ~痛み具合と帰宅後の生活~

子宮筋腫の腹腔鏡手術を受けた2日後(退院日)のレポートです。 朝起きてから退院ま …