漢方で妊活!

漢方で妊活を続けていたけれど、不妊治療の病院に通い始めた35歳のブログ→子宮筋腫の手術後、不妊治療再開→妊娠しました!

*

不妊治療クリニックでの心理カウンセリングとその後

   

前回の記事では、ご心配をおかけしてしまったようですみません^^;
コメントやメールをくださった方、ありがとうござました^^

前回も書いた通り、心理カウンセリングを受けてきました。

本当はカウンセリング専門のところに行こうかなと思っていたのですが、不妊治療クリニックに来られている臨床心理士さんのほうが不妊治療に関する知識が豊富そうというのと、料金もお安いので、クリニックのカウンセリングに行ってきました。

 

心理カウンセリングってどんな感じ?

心理カウンセリングを受けるのは初めてでした。

まず「どういうことが辛いですか?」と聞かれたのですが、辛いことがたくさんありすぎて、何から話したら良いのか…

というか、何も話す前から泣いてしまいました^^;

「ゆっくりで大丈夫ですよ」と言われたので、

  • 病院では体外受精へのステップアップを勧められている
  • 漢方の先生には、体外を続けていると体を壊すと言われており、体外は逆に遠回りになるのではないかと不安

というようなことを話したと思います。

臨床心理士さんからは「ご主人とはお話できていますか?」「ご主人はどうしたいと言っていますか?」など聞かれ、そこから夫ときちんと話し合えていないことや、夫がうつ病になったこともお話しました。

その他にも、初めて行った別のクリニックで病院に不信感を持ったこと、病院を転々として何度も壁にぶち当たってきたこと、手術を受けたら妊娠できると思っていたのにできないこと、夫がうつ病で休職した時大変だったことなど、時系列バラバラ、話は飛び飛びという感じでしたが、ポツリポツリと話していきました。

あらためて思い出すと、もう3年もこんなことを続けているのですよね。長いなぁ。

臨床心理士さんはさすがプロというか、人の話を聞くのが上手です。傾聴というのでしょうか。

私が言ったことを否定せずに、全身で共感しながら聞いてくれました。

何かアドバイスをくれたり、問題が解決するようなものではないのですが、心の中にたまっている感情とか今まで辛かったことを全部吐き出させてくれたという感じです。

臨床心理士さんに教えてもらったこと

基本的にはアドバイス等はないのですが、教えてもらったこと・参考になったことがありました。

薬は思わぬ作用をすることがある

1月に卵胞がなかなか育たなかったことで、今まで色々な薬を使い続けてきた影響が出ているのではないかと思っている(漢方の先生にそう言われている)のですが、病院の先生は「この薬にそのような作用はない」ということで、一蹴されていました。

ところが臨床心理士さんによると、精神科や心療内科の先生に聞くと「薬で想定していなかった症状が現れることがある」とおっしゃるそうです。

産婦人科の先生は「ほとんどの人はこの薬でこの症状はでない。だからこの薬のせいではない。」と言っちゃうんだけれどね…と。

でもやっぱり、その「ほとんど」の中に入らないケースもあるんですよね。実際のところ、薬との因果関係はわかりませんが、やはりそういうこともあるんだとわかったのは1つの収穫でした。

夫婦で一緒の時間を過ごすことが大事

もう一つ、これは「ご主人に伝えてください」と言われたことがありました。

それは、「治療のことは夫婦で相談して決めることが大事。通院の時も、一緒に病院に来て話を聞いてください。何も言わなくても、いるだけでもいいので、夫婦で時間を共有することが大事です。例えば体外受精の判定日とか、節目の時だけでも一緒に来てください」と。

カウンセリングに行く前に自分でも気づいたのですが、うちの夫は治療について「海が言うとおりにすればいいよ」という感じで、自分の考えは言いませんでした。

それって一見優しいようにも見えますが、違うんですよね。決断を妻一人に押しつけているとも言えます。でも一人で背負わないといけないのはやっぱり辛いですよね。

緊張を緩める薬

常に緊張している状態で、夜もなかなか寝付けなかったり何度も目を覚ましたりするということをお話しすると、生理が来てから3日間ぐらいだけでも、緊張を緩める薬を飲んでみてはどうかと言われました。

それは精神科などでなく、内科などでも出してもらえる薬だそうで、不妊治療クリニックでも出してもらうことがあるようです。

そのような薬を使うのも良くないのかなと思うのですが、極度のストレスを受けていると「コルチゾール」という物質が出て、かえって体に悪いからということでした。

基本的には飲むつもりないですが、2月上旬は生きる希望も持てないぐらい落ち込んでいたので、そういう時のためにもらうだけもらっておこうかな?

 

カウンセリングその後

カウンセリングを受けたあとは「何かが解決したわけでもなかったし、行った意味あったのかなぁ…?」と思いました。

でもやっぱり受けたかいはあって、自分の心の中にたまっていたものを一度全部吐き出させてくれたことで、家に帰ってから冷静に夫と話をすることができました。

臨床心理士さんに言われたことも伝えて、あらためて夫の考えを聞くと、「なるべく早くステップアップした方がいいと思う。でも今は体外受精を受けられる状態ではないから、体調が整ってからにしよう」ということになりました。

ギクシャクしてたのも解消されたので、カウンセリングを受けて本当に良かったです。

それから、仕事も手につかない日が続いていたのですが、それがプレッシャーになってさらにストレスがたまるという悪循環にも陥っていたのですよね。

なのでそこから数日間、割り切ってしっかり休むことにしました。

その後、仕事でトラブルが発生するなど「泣きっ面に蜂」のようなことがいくつかあったのですが、その分頭の中から不妊治療のことを一旦追い出すことができたので、精神的にはかえって良かったかもしれません^^;

甲状腺治療の成果?

さて、その後ずいぶん早くリセットしてしまいました。

今回は妊娠については期待していませんでしたが、潜在性甲状腺機能低下症の治療のためにチラーヂンを飲み始めてから最初の生理だったので、その成果の方が気になっていました。

甲状腺って、ちょっと数値が高いだけでも症状が出る人もいるらしいのと、性ホルモンとも関わりがあります。

これまでずっと、子宮筋腫の手術をしたあとも、生理前に数日間不正出血があることがネックになっているのではと考えていました。しかし、もしかしたら甲状腺の数値が下がれば改善されるのかもしれないと期待していました。

結果、生理前不正出血はゼロではなかったのですが、いつもよりも短かったです。

いつもなら生理前に5日ほど出血することが多いのですが、今回は2日だけでした。生理初日にちゃんと体温が下がり、2日目にピークが来て一安心です。(ここ2周期、出血のピークがない感じが続いていたので)

あと、いつもなら血の塊が出るのですが、今回は全くありませんでした。

高温期が短かった(11日)のが気になりますが、メドキロン飲んでいなかったですし、ストレスもかなり強かったですからね。

チラーヂンはちゃんと毎日飲んでいるので、来月あたり生理前不正出血無しになったら嬉しいのですが…

甲状腺と生理前不正出血が関係あるかどうかはわからないのですけどね^^;
私が勝手に思っているだけです。

とりあえず3月後半に再度甲状腺の検査をする予定なので、それまでは不妊治療のことは何も考えずに過ごしたいと思っています。

精神的に「もう大丈夫」と思っていても、実は大丈夫じゃなかったりするのですよね。ふとしたことで胸が苦しくなることもあります。

本当に回復するまでにはまだ時間が必要な気がするので、仕事を頑張ったり、仕事仲間と飲んで楽しく過ごしたり、週末は夫とあちこち出かけることを楽しみたいと思います^^

とりあえず今は元気ですので、ご心配くださった方はありがとうございました!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

 - 妊活いろいろ , ,

         

PC用336px

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

妊娠
インプランテーションディップは何日間?何度下がる?出血は?

着床すると体温が下がる「インプランテーションディップ」について、以前簡単に記事に …

ウルトラミックス・ウィートジャーム
着床すると体温が下がる?インプランテーションディップとは

今日は高温期10日目です。 昨夜…出血がありました(>_<) 多分い …

ソフトクリーム
妊活をお休みしたらどうなったか?

少し前に、妊活をお休みしますという記事を書きました。 関連記事:妊活は少しお休み …

ハーブティー
罪悪感。妊活中なのにハマってしまったもの。。。妊活中に適した飲み物は?

最近、妊活中なのにハマってしまったものがあります。 それは…コーヒーです。 カフ …

曇り空
D9で排卵した?低温期が短くても大丈夫なのか。

信じられないことが起こりました。。。 どうやら、D9で排卵したようなのです… 私 …

カレンダー
1回499円・自宅でできる人工授精「シリンジ法」。実は皆悩んでる?

以前、シリンジ法について記事にしたことがありました。 自分でできる人工授精「シリ …

睡眠
周期のいつ、一番妊活をがんばったら良いの?

妊活中は、食生活や運動、睡眠時間など、気を付けることいっぱいで、24時間365日 …

食事
バランスの良い食生活のために。洋風の「まごわやさしい」献立。

妊活においてもそうでなくても、食生活と言うのは非常に大事です。 自分の体を作るの …

こうのとり
妊娠できるという噂の「こうのとりキティ」って?自分用の他、妊活中の方へのプレゼントにも。

妊活・不妊治療がなかなかうまく行かないと、神様にもすがりたくなる時があります。 …

こうのとり
高温期14日目。妊娠検査薬でフライング検査するかどうか悩む…

なんと、本日ついに高温期14日目を迎えました…!! 今回の周期は、D11からセロ …