漢方で妊活!

漢方で妊活を続けていたけれど、不妊治療の病院に通い始めた35歳のブログ→子宮筋腫の手術後、不妊治療再開→妊娠しました!

*

なるべく早く・確実に妊娠するために大事だと思ったこと

      2017/11/12

妊娠するためには、健康的な食事と適度な運動、それから体を冷やさないことが大事とか、とにかくたくさんのやるべきことで溢れています。

私が3年間妊活と不妊治療を行ってきた中で、やはりこれらのことはかなり意識しました。

でも妊娠するために一番大事だとつくづく実感したこと。

それは「病院選び」です!

 

そもそも病院へは行くべきなのか?

病院選びが大事だと思う理由の前に、そもそも「子どもが欲しいと思ったら病院へ行くべきか?」についてです。

とりあえず検査だけは受けた方が良い!

どうやって赤ちゃんを授かるかについては、その夫婦ごとに(というか夫婦間でも)考え方は違うと思います。

  • 医療の力は借りずに自然に授かりたい
  • 多少の薬は使用したとしてもなるべく自然に近い形で妊娠したい
  • 人工授精までは受けても良い
  • 体外受精も考えている
  • 体外受精は良いけれど顕微授精は受けたくない
  • どんな治療を受けてでもなるべく早く妊娠したい

などなど。

というか、妊活を初めてまだ数か月ぐらいだと、自分たちがどうしたいのかという考え自体ハッキリ決まっていない人も多いのではないかと思います。

病院へは行かずに自己タイミングで妊活をしているけど、このままできなかったらどうするのか?

あくまでも「自然」にこだわり、不妊治療をしてまで欲しいとは思わないのか?

それとも自然妊娠ができないのであれば病院での治療を受けたいのか?

私の考えは、治療を受ける・受けないに関わらず、「夫婦ともにとりあえず一通りの検査は受けた方が良い」です。

妊娠できる年齢は限られています。もし何らかの不妊原因があるとして、それを知らずにいつまでも自己タイミングを続けていると、どんどん残された時間は少なくなっていきます。

どんな治療方法でもやっぱり年齢が若い方が妊娠しやすいですからね。

「もっと早く治療を始めていれば良かった」と後悔のないようにした方が良いように思います。

いつ病院に行ったら良いの?

一般的には

  • 普通に夫婦生活をしていて2年妊娠しなかったら病院へ行った方が良い(最近だと1年とも言われます)
  • 35歳以上の場合は、早めに病院へ行った方が良い

と言われたりしますよね。

どのタイミングで病院に行くかは、年齢や子どもが欲しい度合などによって異なるかもしれませんが、個人的には1年できなかったら行ってみた方が良いのかなと思います。

20代でも、何らかの病気があったり、妊娠しづらい人もいますからね。それに20代でタイミングが合っていてなかなか妊娠しないってことは、それはそれで何かあるってことなのかもしれませんし><

とは言っても、あまり焦ると精神的プレッシャーになって、かえって妊娠しづらくなってしまうので、まずはゆったりとした気持ちで妊活をすることが一番かなと思います^^

 

病院選びが大事な理由

いざ「病院へ行ってみよう」と思った時、とにかく病院選びは大事だなとつくづく思いました^^;

不妊治療専門クリニックだからと言って安心はできない

私の場合、最初から不妊治療専門クリニックに行ったのですが、残念ながら全く信頼できる病院ではありませんでした…。

最終的には地元で有名なクリニックに通って、様々な検査を受けて色々なことがわかり、子宮筋腫の手術を受け、ようやく妊娠に至ったのは、最初に不妊治療専門クリニックを訪れてから3年経ってからです。

地元で有名なクリニックに通うようになってから気づきましたが、最初のクリニックで受けた検査では全然足りなかったですし、子宮筋腫も指摘してもらえませんでした。(その時はまだなかったのかもしれませんが…)

最初から地元で有名なクリニックに通っていたら、もっと早く妊娠できていたんじゃないかと思います><

近所の産婦人科も意味がなかった

最初に行ったクリニックに不信感を抱いたので、以前行ったことのある近所の産婦人科に相談に行き、しばらくタイミングを見てもらっていました。

しかし、やはりそこは普通の産婦人科。不妊治療の世界では「今はもう古い」と言われている治療を数か月続けて、基礎体温がガタガタになってしまいました><

「まず最初は近所の産婦人科で診てもらいたい」という人も多いと思いますが、敷居が低いかわりに本格的な検査はしてもらえなかったり、医師が不妊治療に詳しくなくて、結局時間の無駄になってしまう可能性もあります。

漢方などの東洋医学はあくまでも補助的に

私はそこそこ長い期間を漢方での不妊治療に費やしました。でも、最終的に妊娠したのは漢方をやめたあとでした。

漢方を(あと鍼灸も)やって思ったのは「東洋医学はふわっとしているな」ということ^^;

「○○が××だから妊娠しづらいのかもしれない」「だからこの薬を試してみましょう」というのの繰り返しです。

たしかに「○○が××」というのはあるかもしれませんが、本当にそれが直接的な不妊の原因なのか、他にもっと根本的な問題があるかどうかというのは、わからないんですね。

病院と違って、エコーで子宮や卵巣を見るわけではなく、血液検査や精液検査をするわけでもないですからね。

さらに漢方薬局の場合、漢方の医師と違って患者の体に触れることができないので、脈をみたりお腹に触ることができませんしね。

あのまま漢方だけを続けていたら、子宮筋腫に気づくこともなく、今もまだ妊娠せずに絶望していたかもしれません。

漢方や鍼灸は基本自費なので、結構なお金がかかります。

  • 絶対に西洋医学の薬は飲みたくない
  • 病院で一通り治療を受けたけどダメだったので、治療は一旦お休みして、東洋医学を試したい

というようなケースでなければ、東洋医学はあくまでも補助的な位置づけと考えた方が良いのかなーと思いました。

あくまでも個人の考えです!

ちなみに、漢方に通ったことで体調は良くなりましたし、鍼灸に行けば体がポカポカしました。東洋医学そのものを否定するわけではありません^^

ただ、それだけで妊娠できるかどうかは疑問に思いました。

 

良い病院を探す方法

では、良い病院ってどんな病院?どうやって探したらいいの?となりますが…これがまた難しいですよね><

私の場合は、3番目に行った「漢方内科 兼 婦人科」で診ていただき、「一番早く確実に妊娠するためにはこの病院!」と、紹介状を書いていただきました。

あとから知りましたが、それは地元だけでなく全国的にも有名な病院でした。

でもどんな病院が良いのかって、普通にネットでホームページ見てるだけではよくわからないですよね^^;

一つは、まずは地元の産婦人科に相談に行って、良い病院を教えてもらったり紹介状を書いてもらう方法でしょうか。

もう一つは、とにかく不妊治療の実績が豊富な病院を探すことかなと思います。

こちらは「英ウィメンズクリニック」のサイトに掲載されていましたが、「主な医療機関の不妊治療実績(2014年)」です。(PDFファイルです)

①の「述べ妊娠数」や、③の「体外受精での妊娠数」を参考にすると良いかと思います。

ただ、中には体外受精専門クリニックで「まずは検査だけ」とか「タイミング法や人工授精」はやっていないという病院もありますし、あとは病院や医師との相性、通いやすさ、カウンセリングは受けられるかなど、ポイントはいくつもあります。

実際に通ってみないとわからないことも多々ありますが、もし合わないなと思ったら転院すれば良いですし、まずは不妊治療の実績が豊富でしっかり検査してくれる病院が良いのかなと思います^^

その他に大事だと思ったこと

その他に大事だと思ったことがあります。

治療には期限を定めること

自己タイミングを続けるならいつまでにするか、病院でタイミング療法を受けることになったとして、何回までタイミングにするか。何回人工授精を受けたらステップアップするか。体外受精は何回受けるか。

これらはなるべく先に決めておいた方が良いように思います。

とりあえずタイミング療法を受けることにしたのはいいけれど、いつまでタイミングを続けるのか決めておかないと、ステップアップをずるずる先延ばしにしてしまいがちです^^;

そして体外受精まで行くと、ものすごくお金がかかります。。。お金をかけている分「大金を払っているのだから絶対に妊娠したい!」と諦めきれなくなりがちですよね。

ある程度期限や予算を決めておかないと、貯金をすべて使い果たすまで辞められなくなることも><

何回って決めるのは覚悟がいりますけどね…。

私なんて、人工授精は何回までって決めてたにも関わらず、結局ステップアップどころかタイミングにステップダウンして、その結果妊娠したので、こんなこと言うのもなんですが^^;;;

でも子宮筋腫の手術を受ける・受けないの時に、「あと○回タイミングをやってダメだったら」と先生が決めてくれたので、それは良かったなと思います。自分だけだと、つい「やっぱりあともう1回…」となって、なかなか踏ん切りがつかなかったかもしれません。

ちなみに、その時の状況に応じて治療方針を変えるのはアリだと思います。

ただ、できれば先に「どこまで治療を受けるのか(体外受精もやるかどうか)」「いつステップアップするのか」「何回やるのか」というのは、夫婦で話し合って決めておいが方が良いのかなと思います。

治療の希望を伝えること

病院に行ったら、一通り検査を受けたあと(あるいは同時進行で)、こちらの意思を伝えるタイミングもなくいきなり不妊治療が始まってしまうというケースもあるようです。

もしも「まずは検査だけ受けたい」という場合、その他にも「やるならタイミング指導だけで人工授精やそれ以上の治療は考えていない」「薬はなるべく使いたくない」などの意思がある場合は、最初にきちんと伝えておいた方が良いかと思います。

自分の気持ちの整理がつかないまま不妊治療がどんどん進んでいくのは、良くないような気がしますねー。

健康な体になることは大事!

ここまで病院選びについて書いてきましたが、やっぱり基本となるのは健康な体なんじゃないかと思います。

なので、病院で治療を受けるにしても、冒頭に書いたような

  • 健康的な食事
  • 適度な運動
  • 体を冷やさない

というのは、やっぱり大事にした方が良いなと思いました。

健康な体は妊娠するためにも必要ですが、妊娠したあと、出産したあとにもかなり重要になってくるのではないかと。

今すごく思うのは、妊娠前にもっと本格的に運動しておけば良かったなということです^^;

つわりは一応終わったようですが、やっぱり体はつらいですし、産後の体力にもかなり不安があります…。

妊娠してから体力をつけるには限界があるので、妊娠前からしっかりと体力をつけておくのがおすすめですT_T

最後に

病院選びが大事!ということを書いてきましたが、残念ながら良い病院で高度な不妊治療を受けたからと言って、必ず妊娠できるとは限りません。

ですが、いつまでも検査や治療を受けずに時間だけが過ぎ去ってしまったり、病院選びに失敗して、本当は何かしらの不妊原因があるのに見つけてもらえない・適切な治療をしてもらえないという可能性があります。

最近よく聞くのは、私もそうですが、不妊治療の検査を受けて初めて甲状腺の異常に気付くとかですね。

私の場合は軽度なのでどこまで関係あったかわかりませんが、甲状腺の治療をしたら妊娠したというケースもあります。

でも普通の産婦人科では、恐らくそこまでの検査はしてもらえないと思います。

不妊治療は何も、人工授精や体外受精だけではないんですね。

どれだけ検査を受けても現代の医学では原因がわからないということも多々ありますが、まずはきちんとした病院で、一通り検査を受けることが、妊娠への近道かと思います。

赤ちゃんを望むすべての人が妊娠できますように!

関連記事:

妊娠するまでに受けた治療の振り返りと、どれくらい効果があったか?

妊娠するためにやったことで良かったもの・意味無かったもの

葉酸サプリを飲まなかったらどうなる?あらためて知った葉酸摂取の重要性。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

 - 妊娠後

         

PC用336px

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1 follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
マタニティブログ開設のお知らせ

新しくマタニティブログを開設しました。 ウミライフ|つわりで2ヶ月寝たきり生活を …

こうのとり
妊娠するためにやったことで良かったもの・意味無かったもの

不妊治療を始めて3年。子宮筋腫の手術を経て人工授精を何度も試しましたが撃沈…。 …

青空
高温期18日目以降の症状と、胎嚢確認

今回は、高温期18日目から24日目の症状と、5w4dでの診察の結果についてです。 …

四つ葉のクローバー
高温期15・16・17日目の症状と、病院での妊娠判定

高温期14日目に、早期妊娠検査薬で陽性反応が出ました。 今回は、高温期15~17 …

潜在意識
自分の心が不妊原因を作り出していた?誰にでもできる潜在意識のコントロール方法。

3年間の不妊治療で、様々なことをやってきました。 タイミング法、人工授精、子宮筋 …

疑問
妊娠するまでに受けた治療の振り返りと、どれくらい効果があったか?

私は3年間不妊治療を続けてきましたが、結局タイミング法で妊娠しました。 タイミン …

卒業
心拍確認と、不妊治療クリニック卒業。先生に言われた印象的な言葉とは。

胎嚢確認の続きです。 まずは6w4d、心拍確認のために病院に行きました。たまたま …

つわり
つわりナメてました…。2ヶ月寝たきりでした。

前回の更新から2ヶ月以上経ってしまいました…。 無事胎嚢が確認され、次は心拍確認 …